特徴

ReDoisの特徴

ReDoisはWebRTC SFUの技術をベースにしています。

1.アプリのインストール不要

SkypeやLINEのようなアプリをインストールする必要がなく、Webブラウザだけで映像・音声・データの低遅延通信が可能です。

接続数やサーバスペック、通信状態にもよりますが、200ms~500ms程度の遅延での送受信を実現できます。SkypeやLINEのようなアプリをインストールする必要がなく、Webブラウザだけで映像・音声・データの低遅延通信が可能です。

2.OSに依存しない

HTML5標準のWebRTCという技術をベースに使っているので、OSに依存せず、PC・タブレット、スマートフォンで利用することができます。

ReDoisの動作ブラウザ参照

 

OSに依存しない(Android、iOS、Windows、MacOS)

 

3.多端末の同時接続が可能で簡単

WebRTCは通常、ブラウザ同士がP2Pで繋がる技術です。そのため、多くの端末を繋ぐと接続管理が煩雑になり、セッション数が増えるため、接続端末を多くすることが難しいです。

ReDoisはサーバで接続を管理・維持するため、多端末での接続や大容量の配信が可能です。

多端末の同時接続が可能で簡単(日本シリーズやJリーグ等のスタジアムで動画や音声を一斉配信)

4.オンプレミスでもクラウドでもOK

ReDoisはオンプレミス、パブリッククラウドのどちらでも動作します。

動作実績にあるパブリッククラウドは以下です。

  • Amazon Web Services
  • Google Cloud Computing
  • NTT Comunications Cloud n

オンプレミスでもクラウドでもOK5.セキュリティについて

ReDoisはDTLS、SRTPというセキュアなプロトコル上で動作をするため、通信経路で情報を盗聴・改ざん・なりすましの危険性はありません。

セキュリティについて

また、WebRTCの機能の一つであるgetUserMedia(マイク・カメラ等のデバイスをブラウザから使う技術)はhttp://~では動作しません。https://~である必要があるため、セキュアなサイトのみで利用可能です。

httpsサイトは鍵マークが表示されます